お客様の声 – 平田産業有限会社

お客様の声

  • Seigou610 / オーナー 武藤 聖郷 様

    野菜、くだもの、油の美味しい町「あさくら」

    福岡の住宅街にあるフレンチレストラン「Seigou610」。あさくらのフルーツや野菜、肉、家具までディテールにこだわったお店を2020年7月にオープンされました。ちなみにオーナーは弊社と同郷で朝倉市のご出身です。

  • boulangerie pain stock / 平山 哲生 様

    飲める油、平田の油!(本当にごくごく飲んだらダメですよ)

    福岡市東区にある人気の「パンストック」さん。
    平田の油をオープン当初からお使い頂いています。今回はオーナーの平山さんに取材させてもらいました。

  • 街道カフェやまぼうし / 西嶋 和香子 様

    人の輪が広がる菜種油

    築114年の造り酒屋をリノベーションし10年前にオープン。
    「街道カフェやまぼうし」の西嶋様は人との出会いを大切に、旬な食材を皆様へ提供されています。6次産業にも積極的で、加工品のハンバーグは近隣の道の駅でも大人気です。

  • オーガニックレストラン ar / シェフ 境 眞佐之 様

    この油を皆様におすすめしたい

    若い頃はこめ油を使用していました。
    しかし、油の抽出には化学薬品を使っていることを知り、たどり着いたのが平田産業の油でした。平田産業さんの油は薬品を使わない圧搾製法、しかも不純物を取り除く工程はお酢と天然地下水。出会ったときに「これだ!!!」と感激しましたね。早速使ってみたところ、こめ油ほどあっさりし過ぎず、コクがあり食材の旨みを閉じ込める。以来、25年間愛用しています。砂糖、塩、醤油などの基礎調味料と同じように油を変えるだけで料理がガラリと変わるものですよ。

  • アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ 日本料理「暦」 / エグゼクティブシェフ 岩下 浩司 様

    平田の国産菜種油は肉本来の味を引き立ててくれますね

    日本料理「暦」では、しゃぶしゃぶ用の赤肉を平田の国産なたね油(赤水)で少し焼き上げ、焼きしゃぶをご提供しています。本来、油の臭いは肉にくっつきやすいのですが、それがまるでありません。牛肉本来の旨味を味わえますよ。

  • シフォンケーキ マリィ / 代表 吉山 真里絵 様

    より良い材料を探し求めていたら辿り着きました

    「多種多様な組み合わせを試行錯誤した末、この菜種油を選びました。平田産業さんの菜種油は100%フレッシュなオイルをお湯とお酢で不純物を取り除く、めずらしい製法で作られていて、素材の良さを引き立ててくれる油だと思います。口当たりがよく、クセがない、胸焼けしない大変上質な油ですよ。」

    「旬の味わいをシフォンケーキに添えて、お客様がいつ食べてもワクワクするような福岡を代表するお土産になれるよう精進します。」と明るいほほ笑みがこぼれました。

  • ホテルオークラ福岡 フレンチレストラン ル・シャンドール / シェフ 早岐 敏雄 様

    朝倉オリーブオイルと新玉ねぎとの相性、想像以上でした

    「輸入されたオリーブはえぐみが強い場合もあり、素材を邪魔することがあります。しかし朝倉で育ったオリーブオイルは徹底された早摘み搾りたてで、口当たりが軽く後からくる苦味が丁度良いですね。

  • 中津留 総菜部 中村 誠 様

    平田さんの菜種油は普通のサラダ油のようなイヤな臭いがありませんね

    「総菜部ではご注文を頂いてから、商品を揚げ始めます。お客様には番号札をお渡しし、店内で数分お待ち頂くのですが、揚げたてのコロッケや唐揚げは大変人気です。特にコロッケは昭和45年の開業以来、ずっと84円のままなんですよ。平田さんの菜種油は揚がりが軽いので、地元のお子様からご年配のお客様まで喜ばれています。」

  • 農業生産法人 有限会社いりえ茶園 / 入江 様

    健康なお茶は土づくりから(健康な作物は害虫や病気に負けません)

    お茶づくりに農薬は一切不使用。しかし、入江さんの茶畑は病気・害虫に耐性を持ち、強い茶の樹が育つ。このからくりを探るため、ご本人を訪問しました。すると、おもむろに畑の土と少し離れた畔の土を掘り出し、見せて頂きました。取材時は2月下旬でしたが、茶畑の土はあたたかく、触るとふかふか。一体なぜなのでしょうか?